さくらペイントは大阪府高槻市の外壁塗装・屋根塗装「塗替えリフォーム」専門店です

株式会社さくらペイント「ガキ大将」ロゴマーク

大阪高槻市の外壁塗装・塗替えリフォームの株式会社さくらペイント

施工実績1740件 大阪No.1

掲載施工事例 1105件お客様の声  484件

2016年12月末日現在

さくらペイントへのお電話は072-695-7171へ

営業時間 7:00~19:00 年中無休

会社案内

お問い合せ

さくらペイントの社会貢献への取り組み|株式会社さくらペイント | 大阪府高槻市近郊の外壁屋根塗装・リフォーム

さくらペイントの社会貢献への取組み

さくらペイントの社会貢献への取組み

環境保全と地域活性化のために

私たちを応援してくださる地域の皆様、いつも本当にありがとうございます。 高槻市でこうして仕事をさせていただけるのも、「さくらペイントという会社がよかったよ」というお客様の口コミと応援があったからこそだと思っております。創業当初は宣伝費用が無く、お客様が口コミで仕事を増やしてくださいました。順風満帆というわけではなかった私たちを支えてくださったのはお客様です。本当に心より感謝申し上げます。

さくらペイントでは地元の皆様への恩返しとして、社会貢献活動も私たちの大切な仕事のひとつと位置づけております。2008年3月、社内で「高槻を元気にする会」をつくり、仕事の合間をみてささやかな活動を続けています。これからも積極的に「地域活性化」と「環境保全活動」に取り組んでまいりたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

主な活動

樫田幼稚園でボランティア塗装

滑り台を園児が塗る 滑り台を園児が塗る

「すべり台は虹色にしたい!」という子ども達のアイディアで、登行部を一つ一つ違う色に塗り分けています

子ども達が下塗りの終わった鉄棒に色を塗り始めているところです 塗り終わって皆で記念写真

塗り終わって皆で記念写真

子ども達からの手紙 園長先生からの手紙

平成28年7月14日

「さくらペイントの皆様へ
先日はお忙しい中、樫田幼稚園まで来ていただきありがとうございました。
さくらペイントさんは、仕事がとても丁寧で、ひとつひとつの遊具を綺麗に仕上げてくださいました。
また、「子ども達にペンキを塗る経験を」とさくらペイントさんからご提案頂き、子ども達にとっても貴重な経験をする場を作ってくださいました。
塗り方も一人ひとり丁寧に教えていただき、刷毛を持って塗っている子ども達の姿はとても真剣でした。
「すべり台は虹色にしたい!」「鉄棒は黄色がいい!」など子ども達の要望も親身に聞いてくれました。
自分達で色を決めて塗った遊具に大興奮で、毎日とても喜んで遊んでいます。
錆びていた遊具が、ピカピカになり幼稚園全体が明るくなりました!
子ども達にとって、忘れられない素敵な思い出になりました。
暑い中でしたが、笑顔でていねいに対応していただき本当にありがとうございました。」

高槻市立樫田幼稚園 久保 正明


社員数名で高槻市立樫田幼稚園にボランティア塗装に行ってきました。
僕にとって幼稚園のボランティア塗装は二度目のことで、今回は子ども達と一緒に滑り台やブランコ、うんてい、鉄棒などの幼稚園の遊具をキレイに塗りなおしました。
青空の下、子ども達が楽しそうに塗っている姿や一生懸命な顔を見て、僕たちも幸せな気持ちになりました。
塗り直す前は遊具が少し古くて錆びていたせいか、子ども達は全然使って遊ぼうとしなかったそうですが、完成した時には「早く遊具で遊びたい」と言ってくれて、嬉しかったです。
塗り直した遊具で子ども達が嬉しそうに遊んでいる姿を想像すると、僕たちも今回ボランティア塗装をやらせていただいて良かったなと心から思いました 。
完成した遊具を見た先生や保護者の方々からも、感謝の言葉をいただきました。
またこういう機会があるなら是非、参加したいなと思いました。

工事部 垣内風雅

「さくらチャリティ」でお寄せいただいた募金を「高槻市」に寄託いたしました

今城塚古代歴史館

皆様を代表し、田所より今城塚古代歴史館の森田克行館長(右)に手渡ししました

今城塚古代歴史館の職員の皆さんと

平成27年4月28日

さくらペイント営業部長 田所宏一と経理の青木光が高槻市の「今城塚古代歴史館」を訪ね、「さくらチャリティ」にお寄せいただいた募金“14,007円”を「高槻市文化財課」に寄付してまいりました。贈呈式で今城塚古代歴史館の森田克行館長にお渡ししました。

さくらペイント・さくら夢設計は、2014年11月23日、いましろ大王の杜(今城塚古墳)で開催された「第4回come*comeはにコット」に参加させていただき、「逆バンジー」や「木工教室」の他に「さくらチャリティ」と題したチャリティ活動を行いました。
開催日が勤労感謝の日ということもあり「さくらの木をありがとうで満開にしよう」というテーマで、画用紙で作成したさくらの花びらに、皆さんの日々の感謝の気持ちを書いてさくらの木に貼り付けていただきました。この花びらの購入金額が募金となりました。
子供たちが大事なお小遣いで募金してまで伝えたいメッセージは、どれも微笑ましいものや感動する内容で、あたたかい気持ちでさくらの木が満開になりました。

この皆様からのありがとうメッセージで満開となったさくらの木が、4/28~5/17まで高槻市の「今城塚古代歴史館」正面玄関で展示されることになりました。
たくさんの人の目に触れて温かい気持ちが多くの方に繋がってくれたら嬉しいです。そして、埴輪や高槻の歴史に愛着を持ち、史跡に足を運ぶ人が増えてくれれば嬉しいです。
ご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

代表取締役 親方 本田卓也

関連記事のご紹介

come*comeはにコットでのチャリティの様子

2014年11月23日に開催された「第4回come*comeはにコット」いましろ大王の杜(今城塚古墳)にて

阿武野幼稚園でボランティア塗装

先生、お母さん達と記念撮影

平成26年6月3日

先日は、お忙しい中、ありがとうございました。
色褪せていた遊具がきれいによみがえり、幼稚園が明るくなったように感じます。子ども達も「すごい!!きれいになってる!」「ピカピカだよ!!」ととても喜んで遊具で遊んでいます。
いつもは職員でペンキを塗っていたのですが、うまく塗れなくて困っていたのでとても助かりました。
本当にありがとうございました。
高槻市立阿武野幼稚園 竹葉先生(園長先生)より


息子が通っている幼稚園だったので父親のカッコいい姿を見せられるチャンスと思い、気合が入りました。
とても多くの子供達が周りに集まってきていろいろな話をしながらの作業で、いつもとはまた違った感じでとても楽しみながら塗る事が出来ました。
子供達が喜んで遊んでいる姿がとても可愛らしかったです。

工事部職長 藤本真幸

土室幼稚園でボランティア塗装

塗り替え前の椅子と机 塗り替え作業に興味を持つ子供達 お母さん達と記念撮影

平成26年2月24日

「さくらペイントさんに幼稚園のPTA用のお知らせボードにペンキを塗っていただきました。『他に塗るものがあれば塗りますよ!』と言ってくださり、木製の椅子を数脚お願いしました。さくらペイントさんは仕事がとても丁寧で、一つ一つ時間をかけて塗ってくださいました。そして、すてきな掲示板と木製の椅子が完成!ピンク色のかわいい椅子に子供達も大喜びで、お店屋さんごっこの椅子として大活躍です。PTA用の掲示板もさっそく活用しています。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。」
高槻市立土室幼稚園 久田先生より



土室幼稚園PTAさんでピンク色の塗料を分けてほしいというお話があり、それならばと、塗装もやらさせていただきました。また、土室幼稚園の椅子やテーブルなどをボランティアで塗らせていただきました。塗装することで古い物が甦り、また子供達に使ってもらえるようになったのは嬉しいですね。

営業部長 田所宏一

阿武野小学校でボランティア塗装

作業開始時の状態 塗り替え完了近くの状態

平成24年8月10日

ご縁あって阿武野小学校のプールの鉄部、屋根塗装をさせていただきました。
普段、風雨にさらされているため、サビがたくさんありましたが、しっかりとサビを落とした上から塗装したらピカピカになりました。
綺麗なプールで授業できると思います。

総務部 高田香織

メディア掲載

新聞・テレビ等で取り上げていただいた報道記事の一部をご紹介させていただきます。

IT業界誌に取材・掲載されました。

アルケーマガジン2016年8月31日発行

平成28年8月31日 αρχη(アルケー) MAGAZINE

IT会社様が出版するマガジン形式の出版物に、地域密着という企業姿勢について注目・評価していただき、弊社社長本田のインタビューを含む紹介記事が掲載されました。

創業からの歩み、会社の基本理念、さくら夢設計創立の経緯、サービス向上への取り組み、地域密着企業としての活動などについて取材を受けました。

リフォーム産業新聞に掲載されました。

リフォーム産業新聞2016年3月1日号

リフォーム産業新聞 2016年3月1日記事 より

平成28年3月1日 リフォーム産業新聞

弊社の社長、本田が取締役をつとめる日本塗装名人社 (URL: http://www.jpaintm.com/ ) がリフォーム産業新聞から取材され、記事が掲載されました。

(記事を一部抜粋して紹介します)
年々職人を目指す若者が減り、募集をかけても集まらず、いざ採用がきまってもすぐに辞めてしまうこともあります。
弊社でも以前から常に職人は足りておらずベテラン職人もなかなか集まりませんので、未経験者の若者を一から育成していこうということで3年ほど前から職人の高校新卒採用を始めました。若干18歳で入社してくる若者を、責任を持って立派な社会人に育て上げるために、社員教育には力を入れています。
毎朝の朝礼では正しい挨拶の発声練習から始まり、マナーやお客様へのおもてなしについて学んでいます。
さらに自分が担当している現場の安全性、品質、もてなし、塗装について見習い職人からも意見を出し合い、職長任せではなくチーム全体で現場を管理しながら施工する体制を取っておりますので、皆やりがいを感じながら取り組んでくれております。

ペイント&コーティングジャーナルに取材・掲載されました。

ペイントアンドコーティングジャーナル2015年7月22日号

ペイント&コーティングジャーナル 2015/07/22号 より

平成27年7月22日 ペイント&コーティングジャーナル新聞

さくらペイントの「地域密着」の企業理念を評価していただき、ペイント&コーティングジャーナル新聞から取材され、記事が掲載されました。

『「地元を愛し、地元に根付き、皆さんに幸せを提供する」というのが同社の理念。「地元に根付いて成長を目指している企業が、地元に嫌われるような行いをしていては存続するわけがない」同社の行動規範はすべて地元に貢献できているか否かに根ざしている。』

と書いていただいた他、始業前の道路清掃、高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」誕生のきっかけとなった「8月20日はハニワの日」の提案や、毎月開催しているリフォームセミナー、昨年の「COME*COME*はにコット」イベントでの活動などを紹介していただきました。

毎日新聞 「埴輪使い高槻史跡PR 壁画地図お目見え」

毎日新聞 平成25年8月10日記事より 高槻市マスコットキャラクターはにたん

平成25年8月10日 毎日新聞

塗装会社 本田さん
自社ビルに幅6.5m×高さ3m 壁画完成

高槻市出身の本田さんは22歳で塗装業を起業。全国各地の同業者と交流してきたが、高槻のことを知らない人が多く、悔しい思いをしてきたという。「何とか知名度を上げる方法は無いか」と考えていた2009年、高槻に国内最大級の埴輪工場跡地「新池ハニワ工場公園」があることから、埴輪を使ってPRすることを思いついた。
「ハニワの日」を定めてイベントを開催する、埴輪をデザインしたマスコットキャラクターを作るなどのアイデアを市に提案。
市は2010年4月、8月20日はハニワの日と制定。市のマスコットキャラクターにはにたんを採用するなど、本田さんの提案が次々と実現した。
本田さんの会社は、埴輪工場公園や埴輪が多数出土した「今城塚古墳」といった史跡から1キロ圏内にある。市によるPR作戦の効果か、埴輪目当てに公園や古墳を訪れる人から道を尋ねられることが増えたことから、壁画地図を制作することにした。(一部抜粋)

「『史跡に来る人たちが迷わないように』と、従業員たちが自社ビルの壁面に壁画地図を描きました。市のキャラクター『はにたん』が、史跡名所である『ハニワ工場公園』『いましろ大王の杜』『摂津峡』などを案内している高槻市内の観光マップです。
地図を見て埴輪や高槻に関心を持ち、史跡に足を運ぶ人が増えてくれれば嬉しいです。」 代表取締役 親方 本田卓也

※ 史跡新池ハニワ工場公園 高槻市上土室1丁目
※ 今城塚古墳 高槻市郡家新町(今城塚古代歴史館が隣接)

塗装新聞 「高槻市の知名度を上げたい 地域への思いを壁画に さくらペイント」

 塗装新聞 平成25年9月18日記事より

平成25年9月18日塗装新聞

高槻市の知名度を上げたい 地域への思いを壁画に

壁画の内容は、高槻市内の代表的な史跡と市のマスコットキャラクター「はにたん」をあしらった観光案内地図。
高槻市にはその昔、国内最大級の埴輪工場があったことから、埴輪を活用して市の知名度を上げるというアイデアを、平成21年に市が募集していた"まちづくり提案"に応募、唯一本田社長の案が採択された。
以来、提案内容に沿って、「ハニワの日」にイベントを開催、マスコットキャラクター「はにたん」の誕生、高槻名産の埴輪グッズの商品化など市を挙げてPRに活用。その効果で史跡めぐりで訪れる人が増え、それら史跡に近い同社に道を尋ねる人も多くなったことから、幹線道路からよく見える同社の壁に観光案内の壁画地図を描いた。

「この地域に育ててもらっていることを社員一同肌身で感じており、地域への恩返しや貢献がしたいとの思いがことのほか強い」という。
これまでもボランティア塗装や仕事の合間を縫ってのゴミ拾いなどを行い、その姿を見て近隣の子供たちが清掃活動に協力するなど心の輪が広がっている。今回の壁画でまたひとつ地域と深くつながった。(一部抜粋)

朝日放送「おはようコール」 埴輪でまちおこし!?

朝日放送「おはようコール」より

平成22年1月25日放送 朝日放送「おはようコール」

ボランティア活動と、埴輪で街おこしが紹介されました。

朝日放送「おはようコール」でさくらペイントのボランティア活動が紹介されました。リポーターは東 奈緒美さん、コメンテーターは元高槻市議会議員、ヤマケンこと山本健治さんです。

~高槻市で“埴輪の日”を制定して街おこしを仕掛けているということで、提案者である(株)さくらペイント 31歳社長 本田卓也さんを取材してきました~

高槻市には今城塚古墳に代表されるような古墳が300個以上もあり、上土室にある「ハニワ工場公園」は、約1500年前に日本最大級の埴輪工場があった場所です。ここから全国の古墳へ埴輪を送り出していました。
また、市の「埋蔵文化財調査センター」では埴輪の復元作業が行われています。このような歴史的文化遺産を全国にPRし、地元の製造業と一緒に開発した埴輪商品を販売して、高槻と言えば埴輪の街というような印象になれば面白いと思います。

高槻への熱い想いゆえ、本田さんのアイデアは止まりません。
高槻市には約50個の具体的な企画を提案しました。
何か高槻のために自分たちが出来ることはないかと、余ったペンキで地元の小学校の遊具を塗替えるボランティアをしたり、会議では社員とともに高槻を元気にするためのアイデアを出し合っているそうです。

「これからも私達の町、高槻市の発展のために何かできる事があれば、積極的に関わっていきたいと思います。」
- 代表取締役 親方 本田卓也 -

朝日新聞 「埴輪の日」で高槻売り込め ~キャラ作り・ギネスに挑戦~

平成22年1月13日朝日新聞(朝刊 大阪地域面)

「埴輪の日」で高槻売り込め
~キャラ作り・ギネスに挑戦 最古の「工場跡」生かす~

高槻市で募集していた「まちづくり提案」で、親方のアイデア「8月28日は埴輪の日!」が採択された件で、親方 本田卓也と「高槻を元気にする会」の活動が新聞に掲載されました。

朝日新聞 「埴輪の日」で高槻売り込め

本業以外に社員とともに『高槻を元気にする会』を結成し、地域の小学校の遊具の塗替えなどの活動をしている。終業後に社員5人で知恵を出し合い、次々と生まれるアイデアをまとめて応募したところ、採択の知らせが入った。歴史都市として全国発信したい市にとって、埴輪の日の提案は『役人にはない目からウロコの発想』(担当者)だったという。本田さんは『高槻を元気にできる活動を続けたい。高槻と言えば埴輪の街、と言われるようになれば面白いと思う』と話している。(一部抜粋)

広報たかつき 「平成21年度 まちづくり提案採択」

広報たかつき平成21年12月10日記事より表彰状授与後に高槻市長(平成21年当時)との記念写真

平成21年12月10日広報たかつき(No.1205)

平成21年度 まちづくり提案
~「埴輪の日」をまちづくりの契機に~

採択案は、市内に今城塚古墳やハニワ工場公園など歴史的な遺産があることから『埴輪の日』を定め、この日にちなんだイベントを開催することで高槻市の知名度を上げようというもの。マスコットキャラクターづくりや埴輪グッズの商品化などのアイデアが盛り込まれています。市では今後、提案者の主旨を生かし、にぎわいのあるまちづくりに取り組んでいきます。(一部抜粋)

「高槻市で募集していた『まちづくり提案』で、さくらペイント親方 本田のアイデア『8月28日は埴輪の日!』が採択されました。高槻市の歴史文化を全国に広めたいとの思いで応募しました。ありがとうございます。」代表取締役 親方 本田卓也

建築塗装業界新聞 ペイントかわら版 「工務店を訪ねて」

建築塗装業界新聞 ペイントかわら版 「工務店を訪ねて」

平成21年9月30日 建築塗装業界新聞

工務店を訪ねて

塗装業界トップシェアの日本ペイントさんに、さくらペイントの「日本一大きい色見本壁」を取材されました。

大阪の高槻でバリバリお仕事されている株式会社さくらペイントの本田社長のお話を伺いました。早速ですが素晴らしいアイディアですね。

「これは、お客様の色の確認に重宝しているんです。商談で色が決まったらご来店いただき、この大きな壁をご覧頂くことで小さい見本よりも若干薄く見えるんです。そうするともう少しこっちにしても良いかななど気持ちが変わっていくので、よりお客様の満足度向上に繋がる方法として最適だと思います。(中略)また、朝日と夕日でも見え方が違うので何度も御来店される方もいるくらいです。半数以上の方がこれで色を決めています。」(一部抜粋)

毎日新聞 仲良く遊ぶ姿見たくて ~ 小学校や幼稚園で遊具塗替え ~

毎日新聞 平成20年4月9日記事より

平成20年4月9日 毎日新聞(大阪地域面)

仲良く遊ぶ姿見たくて~?小学校や幼稚園で遊具塗替え?~

高槻市塚原6の塗り替え・塗装専門店「さくらペイント」の塗装のプロたちが、地元の市立土室小学校と土室幼稚園の遊具を塗り替えるボランティアをした。(中略)

きれいになったタイヤの遊具で仲良く遊ぶ子どもたちの姿に「これが見たくて、やっているようなもの」と本田さんは目を細め、「地域ぐるみで子どもたちを守っていかないと。ペンキ屋さんにできるのなら、自分たちも、と思ってもらえるきっかけになれば」と話している。

(写真上)のぼり棒を塗り替える最年長の平田幹博さん、と紹介されています。

高槻ケーブルテレビ 「街かどほっとらいん」

高槻ケーブルテレビ 「街かどほっとらいん」より

平成20年4月8日 放送 高槻ケーブルテレビ
「街かどほっとらいん」

子供たちの心を明るく彩る~塗装職人~
地元の土室小学校で、遊具の塗替えボランティア

子供たちの悲しいニュースを聞く度に、自分たちに何かできることがないかといつも考えていました。
勉強も大事ですが、外で元気に走り回るのも大事なことだと思います。
親御さんや学校の先生だけに任せるのではなく、地域ぐるみで子供たちをまもっていかなくてはいけないと思っています。

自身の技術を活かして子供たちの心を明るく彩りたい。美しい遊具で子供たちに元気に遊んでもらいたいとの思いから、ボランティアで小学校の遊具の塗りなおしをしました。

きれいになった遊具で遊ぶことが、学校に来る楽しみになれば嬉しいです。この取組みにはさくらペイントの職人全員が参加しています。職人たちの心は一つになりました。

産経新聞 「ぴかぴかの遊具で元気に新学期を ~高槻、塗装職人がボランティア~」

産経新聞 平成20年4月8日(おおさか北摂)より

平成20年4月8日 産経新聞(おおさか北摂)

ぴかぴかの遊具で元気に新学期を
~高槻、塗装職人がボランティア~

「ぴかぴかの遊具で仲良く遊んで」。こんな願いを込めて高槻市塚原の塗装職人、本田卓也さん(29)らが、市立土室小学校の校庭にあるブランコやジャングルジムなどをペンキで塗り替えるボランティア活動を行った。
(写真)遊具塗替えボランティアに励む「さくらペイント」の職人さんたち、と紹介されています。

街の情報誌 きつつき21 「地元のあんな人、こんな人」

きつつき21 平成19年12月号より

平成19年12月号 きつつき21

地元のあんな人、こんな人
~ 職人気質をみせちゃる! ~

最近はびこる悪徳業者、欠陥リフォームが話題になるにつれ、真面目な本田さんは「悔しい思いでした。大手企業の下請けでは職人として満足いく仕事をやろうと思えば必ず赤字になりました。職人気質の社員達と塗替え専門店として仕事をしています。」と話した。
安心できる生活、安心して頼めるリフォームとは?
「はい、これといった答えはありませんが、少なくともいえることは私たちのような小さな地域密着業者が、今までどおりの良心的施工を地道に積み重ねていくことだと思います。そのような業者さんが増えれば自然と業界の信頼回復につながるのではないかと思っています」(一部抜粋)

国際グラフ 「塗替えられない安心・価格・技術」

国際グラフ 平成19年10月号より

平成19年10月号 国際グラフ

塗替えられない安心・価格・技術

お客様から施工後「ありがとう」と頂く言葉・手紙が社宝。「さくらペイント」は塗替えリフォームを専門に、下請けには一切出さず完全自社施工が売り。見積もり=追加料金なく仕上がる様子に喜びの声も多数。その理由には熟練した職人が何度も塗り重ねるにはメンツがあり、忘れかけていた職人の意地というものがあります。(一部抜粋)

ページのトップへ

お電話でのお問い合せは
072-695-7171

お問い合わせフォームはこちらをクリックして下さい
資料請求フォームはこちらをクリックして下さい
無料建物診断・無料お見積作成はこちらをクリック
さくらペイントのこだわり工事

さくらペイントについて

トップページへ
さくらペイントの安心
さくらペイントについて
さくらペイントのこだわり工事
お問い合せ・お見積など
今日のさくらペイント

地元の職人こだわりの「お家の塗替え」専門店 株式会社さくらペイント

遮熱塗装・断熱塗装・省エネ塗装・屋根塗装・屋上防水・雨漏り修理・塗替え リフォームの株式会社さくらペイントです。
大阪で住宅・アパート・マンションの塗替え リフォーム、遮熱塗装を検討しているなら、是非、さくらペイントにお任せください。
施工エリア:大阪府(高槻市、茨木市、箕面市、摂津市、枚方市、他)

株式会社 さくらペイント 地元の職人こだわりの「お家の塗替え」専門店
事務所:〒569-1147 大阪府高槻市土室町72-1 さくらビル1階 TEL: 072-695-7171 FAX: 072-690-4801 お問い合せ:info@sakura-p.com